ホーム食生活 ≫ バイオタン。あこがれのフライパン。フライパンこそはいいものを。

バイオタン。あこがれのフライパン。フライパンこそはいいものを。


フライパンキッチンで、ほかのお鍋類とくらべても出番が多いことと思います。

我が家では特にそうです。なんでもフライパンでやってしまうからです。いいフライパンがほしいです。


 面白いブログがたくさんあります。
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
キッチンでの加熱調理法や調理器具の種類は数々あります。鍋、フライパン、蒸し器、グリル、電子レンジ、オーブン、トースター、炊飯器。

中華鍋、土鍋、天ぷら鍋、無水鍋、卵焼き器、タジン鍋まだほかにもあるかもしれません。

そんな中でもいちばんお馴染みのフライパンです。調理器具としてこれほどオールマイティなものはありません。

我が家では「ガステーブルのグリル」も「電子レンジ」も使わないためにフライパンの出番が特に多くなります。

ガステーブルのグリル機能を使わないことについてはこちらに書いてありますガスコンロのグリルは使わない。簡単・エコで焼き魚のハードルが大幅ダウン。

電子レンジを使わないことについてはこちらに書いてあります→電子レンジは捨てました。なくても困らないので。

フライパン遍歴


コーティングのフライパンは買った当初はくっつかずに卵焼きもきれいに焼けて気持ちがいいです。

ところが、数か月たつかたたないかで完全にくっつくフライパンになってしまったり、コーティングが一部はげてきたりなどはどなたも経験されていることでしょう。

私もいくつフライパンを取り換えたかわかりません。いいフライパンになかなか出合えずに何回買い換えても納得できず、それが悩みでした。

いいフライパンに出合いたい、でもなかなか出合えない、ということが。

主婦にとってフライパンというのは職人さんの仕事道具にも匹敵する大切な物です。

「コーティングのフライパンは消耗品と心得て買い替えしながら使うべきもの」、という考え方を知ってもすっきりしません。満足して使える期間が短すぎるからです。

知名度の高い○ィファールは使い方が悪かったのか、と反省して何度か買い換えてトライしましたがだめでした。

はじめはとてもいいのですが、くっつくようになるのが早すぎすぐにはげてもきます。知名度と品質はいつも比例するものではありません。

セラミックのフライパンも複数試しましたがそれもくっつかずに調理できる、というレベルのものではありませんでした。

そのようなフライパン遍歴が長い期間続いていたのでした。

鉄のフライパンはかなりいい


鉄のフライパンも使いました。熱伝導がよく、くっつきすぎることもなくずいぶんいいと思えました。耐久性がよく一生ものになり得る点も素敵です。

ただ、重すぎるという欠点があります。毎回のことですからずっしりとした重さはつらいですし、台所仕事の妨げとなります。

均一な熱伝導や調理後にすぐ冷めないようにある程度の重さは必要なものの重すぎては合格圏外です。

また、鉄のフライパンはいい状態を保つために使用後熱いうちに洗ってから軽く火にかけて乾かしておかないといけない、というお手入れの大変さもあります。

使うのが自分だけだといいのですが、家族もたまに使います。何度言っても、使用後に水に漬けておくようなことをするので、いい状態を保つのが簡単ではありませんでした。

納得のフライパン


私の、フライパンについてのもやもやを解決してくれたのは、近年広まってきたダイヤモンドコートのフライパンでした。

ダイヤモンドコートであればどれも同じではありません。コーティングの下の素材や厚みにもよりますから。

コーティングのフライパンに共通していることですが、強火での使用と空焚きは避けなければいけません。高温になるとコーティングが溶けて有毒ガスが発生する危険性があります。

「金属ベラの使用可」と書かれていても私は使いません。使えても使わない方が長持ちするに決まっています。「温度」と「金属ものの使用」。この2点に気をつけることで安全性と耐久性はOKです。

オールマイティな調理用具としてのフライパン


フライパンでパンを焼きます(加熱の意味)。フタをしてじっくり焼きます。意外なおいしさです。

軽く油を引いて焼いたパンは、ほんとうにこんがりしておいしいです。トースターで焼いたパンの比ではありません。バージンオイルか太白ごま油をつかいます。

フライパンで焼くお餅もおいしいです。フタをしめて焼くためか、乾燥を防ぎパンも餅もこんがり焼けておいしいです。魚もグリルを使わずに問題なくおいしく焼けます。

ムニエルは別として焼き魚ですとほぼ油を引く必要がなく、魚から出る油だけできれいに焼けます。

いいフライパンの条件


いいフライパンの最低条件は「重くても重すぎず、軽すぎず、くっつきすぎないこと」、そして一定以上の「耐久性」だと思います。

いいフライパンを持つことは、主婦仕事がうまくいくための必要条件の1つで、とても大事なことだと思っています。

バイオタン。あこがれのフライパン


ガストロラックスバイオタン。これはデンマーク・ガストロラック社の、世界一の評価を受けたフライパンです。

長年の研究によって開発された、こびり付かない性能と耐久性の両方を兼ね備えています。

英国ヒルトングループが「最高のシェフが最高の食材と最高の調理器具を使って最高のお料理を提供する」というコンセプのもとに採用しているそうです。

プロの料理人は調理器具の使用頻度が高く、早く傷んでしまいます。なので、ふつうは家庭で使用するよりも調理器具を早く交換する必要があります。

でも、ガストロラックス社のバイオタンフライパン・鍋は、プロが使用しても長持ちし、その性能に喜びを感じる事ができるのだそうです。

これは遠からず手に入れたい、と思っています。フライパンとしてかなりの高級品ですし、とりあえず使えているものがあるので、今すぐではなくても、折をみて今年か来年には、とかなり熱く欲しがっています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示