ホーム財テク・マネー ≫ 節約したいのならポイントサイトは必須

節約したいのならポイントサイトは必須


ポイントサイトになじみのない方は、「めんどくさそう」と思うかもしれません。いえいえ、シニアの私でもできている、ポイントサイトのハードルの低い利用法をお伝えします。


 面白いブログがたくさんあります。
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
日ごろ、何気なくしているネットショッピング。ショッピングモールでのポイントや還元を受ける前に、ポイントサイトを経由するとポイントがダブルでたまります。ひと手間さえかけなくていいんです。

ポイントサイトのグレーな利用法の例


私は、ポイントサイトにあまり詳しいわけではありませんが、これはまずいという利用法を最初に。

獲得ポイント数が際立って多いのはクレジットカードの申し込みです。

ポイントサイトで1万円もらえる、2万円もらえるというものは要注意です。ポイント獲得ねらいで、使う予定のないクレジットカードをバンバン申し込みしていると、ブラックリストに載ってしまいます。

そういうことを人に広く勧めているような人たちも少なくありませんが、そういう人たちは法に触れさえしなければOK・・・とグレーな分野に手を染める人たちなのではないか、と想像します。

クレジットカード以外にもグレーな利用法は存在すると思います。

ほんとうにクレジットカードを作りたいときにはぜひ!


「クレジットカードを別なものに作り替える必要ができた」「もう1枚もつ必要ができた」というときには、ぜひポイントサイトを経由して作り、高額ポイントを獲得してください。グレー要素ゼロですので。

クレジットカードを申し込んで獲得できるポイントは、数千円から1万円以上、と様々です。年会費が有料のものほど獲得ポイントは高い傾向にあります。

それらは常に一定しているのではなく、キャンペーンで一定期間だけ高めになるときもあります。

クレジットカードを作るときに、直接カード発行ページにアクセスしてカードを発行してもらうのではみすみす損をしてしまいますよ。

買い物ポイントもグレー要素ゼロ


買い物でもらえるポイントは0.5~1%と微々たるケースも多いですが、それでもいつの間にかたまります。

買い物でのポイント還元率の主なものをあげてみます。

amazon→0.5%
楽天市場→1%
Yahoo!ショッピング→1%
ペイペイモール→1%
LOHACO→1%
ケンコーコムYahoo!ショッピング→1%
ケンコーコム→1.5%
グルーポン→9%
くまポン激安通販特集→2%
ホットペッパーグルメ予約→140P
イトーヨーカ堂ネットスーパー→0.5%
三越オンラインストア→1.5%
ビッグカメラ.com→3%
セブンネットショップ→3%

快適生活オンライン→2.5%
日本直販→2.5%
ショップジャパン→10%
ダイレクトテレショップ→12%
ニッセン→4.8%
ベルーナ(商品購入)→6%
ベルーナ(新規購入)→600P(600円)
※新聞広告・カタログ通販をよく利用される方は要チェックです

日ごろ利用されているショップやショッピングモールがいくつも見つかったのではないでしょうか?個人的には、amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、ペイペイモール、LOHACOがおなじみです。

ホットペッパーやグルーポン、またテレビショッピングやカタログ販売を利用される方々は還元率が高いので見逃せません。

なお、還元率の数字は常に一定ではなく見直しや期間限定があります。

消費行動を幅広く網羅


そのほかにも、飛行機、新幹線、長距離バス、レンタカー、ホテル、ネット銀行口座開設、ユーキャン、チケット、家電・パソコン、引っ越し、習い事、遊びなどなど。

また、ガス・電気、賃貸物件、投資信託、オーナーズマンションなどもあります。

そのお金はどこから?


私たちがポイントサイトを利用してもらえるお金はどこからくるのでしょうか?大雑把に言うと企業の宣伝費です。クーポン利用と同じような仕組みです。

貯まったポイントはどうするか


貯まったポイントは換金や交換をして利用できます。手数料無料のところを選んで、行うとよいでしょう。

現金への交換は、手数料なしでできるのはPayPalだけです。ギフト券ではamazonギフト券が無料です。

電子マネーへの入金は、ワオンポイント、nanacoポイント、Tポイント、楽天スーパーポイント、dポイントが手数料無料です。

身近なものが見つかるのではないでしょうか?

ここでご紹介しているポイントサイトは「モッピー」


ポイントサイトはいくつもありますが、ここでご紹介したのは「モッピー」というポイントサイトです。

       モッピー!お金がたまるポイントサイト

なぜモッピーか


なぜモッピーをご紹介したかと言うと、今回たまたま夫が年会費無料のクレジットカードへ乗り換えたいとのことで、申込を代行することになりました。

効率的な消費活動には疎い夫に代わって、私がポイントサイト経由で申し込みをするということになり、どのポイントサイトが一番還元率がいいかを調べると、
たまたま私が利用している「モッピー」だったので、モッピーはポイントサイトの中でもなかなかいいのかもしれないと思い、ブログでもご紹介してみようと思いました。

私のようないわゆるシニアでもできるのだからハードル低くかんじていただければと。

私はこれまでに数個のポイントサイトに登録したことがありましたが、使いきれていなく、モッピーにしてから割合使いこなせるようになりました。

モッピーが他のポイントサイトと比べて、どこがどれほどどうであるかは、私はよくわかりませんが、1ポイント=1円であることは気にいっています。10ポイント=1円なんていやです。

ひまつぶしに


ひまつぶしに「英単語TEST」「モッピークイズ」「ANZAN」「この日何曜日?」をすることがあります。ひまをつぶしながらごくわずかですがポイントもたまります。

モッピーのことは忘れてください


モッピー利用のために「ひと手間さえかけなくていい」ための方法をご紹介します。

どのページでも下の方へスクロールすると、「カテゴリで貯める」「買い物で貯める」などの項目の並びに「モッピーツールバー」
という項目があります。それをクリックすると説明や手順が載っています。

「モッピーツールバー」を利用すると、対象案件であれば、上部ににモッピーツールバーが表示されます。該当買い物のときにモッピーを経由しなくてもしたことになるんです。

試しに、私が行くことのない「三越オンラインストア」や「ニッセン」へ行ってみても、ちゃんとモッピーツールバーが表示されていました。

モッピーのことを忘れて、ふつうにお買い物とか予約とかをしているうちに500ポイント、1000ポイントと貯まっていきうれしくなりますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

企業も、ポイントサイトも、利用者も、みんながより豊かになれるポイントサイト自体は悪ではなく善です。

また、投資などとちがって得るものはあっても失うものはありません。時間さえも失わないと同然です。ただ、迷惑な利用法を慎むのは良き市民としてのマナーです。

以上、節約をしたい方にとって、ポイントサイト利用は節約に拍車がかかりますよ、という話でした。

スポンサーリンク


コメント













管理者にだけ表示