ホーム食生活 ≫ 簡単・便利。注目されるべき食材「イワシのめざし」

簡単・便利。注目されるべき食材「イワシのめざし」


おなじみの「イワシのめざし」が今後注目を集めるべき食材だと思う理由についてお伝えします。


 面白いブログがたくさんあります。
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

イワシという魚


イワシは日本でいちばん多くとれる魚です。イワシはニシン科の魚だと知っていましたか?どちらもまっとうなおいしさがあります。

古くから節分に、イワシの頭はヒイラギの葉っぱとともに柊鰯(ヒイラギイワシ)として飾られます。生臭いにおいと、とがった葉っぱが魔除け・邪気払いとされていたようです。

イワシの稚魚は「しらすぼし」、「ちりめんじゃこ」、「煮干し」、「佃煮」などに加工されます。

イワシはオメガ3が多い魚の1つでもあります。オメガ3を摂ると、頭が良くなり、ダイエットになり、血液サラサラとなり、生活習慣病予防になるんです。

イワシのめざし


ネット上では、「イワシ」と「めざし」はどうちがうのか、という質問や記載が複数見られました(^^)。いわしの食べ方の中でも「めざし」が断トツで知られているということですね。

(めざしは、塩味をつけた「いわし」の、目に縄などを通して干したものです)

「イワシのめざし」というと、焼いて熱々を食べるのが一般的ですが、それだけではもったいなさすぎます。「イワシのめざし」の簡単で便利で魅力的な活用法があるんです。

(イワシの丸干しもおいしいですが、めざしの方が応用が効きます)

イワシのめざしの煮物・揚げ物


漢字では、魚へんに弱いと書くイワシは、とても傷みやすい魚です。生のイワシを買ってきたらすぐに調理するのがベスト。冷凍は生臭くなりやすく、冷凍焼けしやすいので冷凍はしない方が無難です。

そんな生のイワシに対して、イワシのめざしは何日か持ちます。フリッターや生姜煮にも使えます。

「イワシのめざし」の「ぬか漬け」


魚のぬか漬けを食べたことありますか?生臭みがぬけてうま味が増すのでとてもおいしいです。

魚のぬか漬けは東北・北海道で作られています。北陸の魚のぬか漬けは「へしこ」「こんか」などと呼ばれます。北陸のぬか漬けは長期間にわたって漬け込まれ、ぺったんこになっていて塩分も強いです。

北陸のはそうとうマニアックな食べ物だと思います。実は・・・たまたま、金沢から取り寄せたものが冷蔵庫に入っているんです。とにかくしょっぱい、そして独特の味で、「臭うま」という言葉がぴったりです。

       heshiko.png

まずいわけではないのですが、だれでもがおいしく食べられるのは、東北・北海道で作られている短期間漬けたものです。

しょっぱすぎて一度に一匹どころか半身も食べられません。お茶漬けに合いそうだと思ったらやはり定番だそうでさっそく試してみました。クックパッドに使う分量は3~5cmとあります。

うーーん、しょっぱさが全然苦にならないし、ただおいしい、お代わりしたい。次からはもっとがっつりいきます。クックパッドには「においさえ愛おしい!」とありました。

       ochaduke.png
      

ぬか漬けを作るには、魚の水分が減っていて塩分も含まれているめざしがちょうどいいんです。もし、ぬか床のぬかがあるようなら、それを魚用に取り分けて漬けて、2日~1週間寝かせたら出来上がりです。

ぬか床がない場合はぬか、塩、鷹の爪を混ぜたものをまぶします。保存中はジップロックなどでできるだけ空気を遮断するといいです。冷凍も効くようです。

※自分で簡単に作るのに適しているのは東北・北海道で作られているようなぬか漬けです。

イワシのめざしでアンチョビ


生の小いわしでアンチョビを作ったことがあります。その経験から、あとで気づいたのは、小さいイワシのめざしでアンチョビを作ればかなり合理的だということです。

すでに作っていた方が見つかりましたのでご紹介させていただきます→アンチョビをイワシの目刺しで

「皮をはげないのが難点ですが、生鰯よりも扱いやすく型崩れも少ない」と書かれてありました。

まとめ


「イワシのめざし」にスポットを当て、ただ焼くほかに、「揚げる」、「煮る」、「ぬかに漬ける」、「アンチョビを作る」と幅広い使い方をお伝えしました。きっともっと使い道があることでしょう。

生のいわしより日持ちするし、賞味期限の記載があるとは言っても、早めの方がおいしいし体にもいいのは確かです。日付の新し目の物を買い、できるだけ早めに使うことをおすすめします。


もしテレビで、イワシのめざしの「安くて」、「おいしくて」、「体によくて」、「便利な」点が紹介されたら、しばらくは店頭からめざしが消えるのはまちがいない、と想像しています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示