ホーム食生活 ≫ カレーで胸焼けしないために。カレー粉から作ってみませんか?

カレーで胸焼けしないために。カレー粉から作ってみませんか?


「いくら食べても胸やけしないカレー」の作り方をお伝えしましたが、今回は必須アイテムのカレー粉のいろいろをご紹介します。


 面白いブログがたくさんあります。
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
いくら食べても胸焼けしないカレーの作り方はこちらです→「いくら食べても胸焼けしないカレー」の作り方
http://econalifestyle.blog.fc2.com/

カレー粉とは?


私たちは「カレー粉」と聞くと、一定の味のもの、と考えがちですが、「カレー粉」という名前のスパイスは存在しません。いろいろなスパイスハーブをミックスしたものが「カレー粉」となります。

実際に各社のカレー粉で、原材料の違いがかなりあるようです。ただ、全部の原材料を表示しているところと、そうではないところがあるのでいまいちはっきりしません。

私が今回ご紹介する6社の6種類のカレーについて。1番多く含まれている材料は、というと一定しているわけではありません。
「ターメリック」が1番にくるもの・・・3種類
「コリアンダー」が1番にくるもの・・・2種
「ウコン」が1番にくるもの・・・1種

これだけのばらつきがあります。

「ターメリック」と「ウコン」の関係


ここで、「ターメリック」と「ウコン」の関係に着目してみたいと思います。よく「ターメリック」イコール「ウコン」だということを見聞きします。また、「ウコン」の英語名は「ターメリック」だとも。

それでは、「ターメリック」=「ウコン」だということで終わってしまいそうです。

しかし、ウィキペディアに、「ターメリックとウコンは同じものであると言えるのですが、ターメリックとして使用されているのは、主に秋ウコンとなります」という記載がありました。

ちなみに、ウコンもターメリックも同じくショウガ科であるとのことですが、上記のことから、ウコンというくくりの中にターメリックが含まれると考えることができます。

ですから、ここで「ウコン」と表示されているものを「ターメリック」に含めると、6種類のカレー粉のうち、4種類がトップにターメリックがきます。(多い順に記載)

パクチーであるコリアンダーがトップにくるもの


ほかの2種類は、コリアンダーがトップになっています。「コリアンダー」とはあの「パクチー」です。

パクチー嫌いの人は多いですね。パクチー嫌いを克服する方法と意義について書いたことがありましたよかったらどうぞ→パクチー嫌いを克服する、方法とその意義

この、パクチーが1番多い成分であるカレー粉が複数あるのです。きっと、ほかのスパイスと相まっていいハーモニーを作りだし、パクチー嫌いの人でも気づくことがないのでしょう。

パクチーであるコリアンダーは、1番ではない場合でも上位にきています。

カレー特有の味と香りのもとは何?


辛味 - カイエンペッパー、胡椒、ニンニク、ショウガなど。
味と香り - クミン、コリアンダー、クローブ、シナモン、カルダモン、ナツメグ、オールスパイス、キャラウェイ、フェンネル、フェヌグリークなど。
- ターメリック、サフラン、パプリカなど。  
        ~Wikipediaより



上の表によると、ターメリックは色をつけるものです。カレー特有の黄色です。そして、コリアンダーですがカレーの味のもとになるとは思えません。それではカレー特有の味と香りの元は何なのでしょう?

色については置いておくとして、辛みの、カイエンペッパー、胡椒、ニンニク、ショウガと、

味・香りの クミン、コリアンダー、クローブ、シナモン、カルダモン、ナツメグ、オールスパイス、キャラウェイ、フェンネル、フェヌグリークなどがかもし出す味なのでしょうか?

ますますわからなくなります。

6種類のカレー粉の比較


「会社名」「商品名」「グラム数」「アマゾンでの値段と送料」「アマゾンでの評価」「原材料」の順です。いろんなサイズのものがある場合でも、比較しやすいように千円前後の価格のものを取り上げました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ナイル商会  インデラカレー スタンダード NAIR INDIRA Pure Curry Powder  100g  ¥1040 送料無料 評価5星のうち4.4

原材料: ターメリック、コリアンダー、チンピ、クミン、フェネグリーク、ナツメッグ、シンナモン、フェンネル、赤唐辛子、ジンジャー、
クローブ、スターアニス、カルダモン、甘草、ブラックペッパー


●インデアン食品  インデアン 純カレー  75g×2個(150g) ¥ 994  送料無料 評価5星のうち4.4

原材料: ウコン、コリアンダー、チンピ、クミン、メッチ、フェンネル、赤唐辛子、シナモン、ナツメグ、クローブ、オールスパイス、ローレル、ジンジャー、ブラックペッパー、ガーリック


●ハウス食品   特製カレーパウダー  400g ¥ 1,180 関東への配送料¥ 720 評価なし

原材料: ターメリック、コリアンダー、フェヌグリーク、ブラックペッパー、パプリカ、ジンジャー、クミン、フェンネル、陳皮、カルダモン、ディル、ナツメグ、シナモン、唐がらし、クローブ、スターアニス、ホワイトペッパー、ローリエ、アジョワン、オールスパイス、セロリシード、甘草、タイム、タラゴン、オレガノ、セージ、ローズマリー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●S&B   カレー 缶(通称赤缶)   84g×2個(168g)  ¥908  送料無料  評価5星のうち4.3  

原材料: ターメリック、コリアンダー、クミン、フェネグリーク、こしょう、赤唐辛子、ちんぴ、その他香辛料


●ハチ食品  スパイス道場元祖カレー粉  30g×10袋(300g)  ¥ 1,337 送料無料 評価5星のうち3.7

原材料: コリアンダー、クミン、ターメリック、黒胡椒、カルダモン、オールスパイス、シナモン、フェヌグリーク、フェンネル、白胡椒、赤唐辛子、ナツメグ、その他香辛料


● 神戸アールティー  無塩 カレー粉   400ℊ ¥1000 送料無料  評価5星のうち4.5 

原材料: コリアンダー、ターメリック、胡椒、クミン、クローブ、フェヌグリーク、唐辛子、ローレル、その他香辛料

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(※スパイス販売大手のGABANもカレー粉を販売しているが、同社はハウス食品と提携関係にあり、同社のカレー粉はハウス系の製品であるーウィキペディアよりー)

以上、6種類のカレー粉をご紹介しました。全成分を表示しているものを上段、全成分を表示していないものを下段にしてあります。原材料は全部表示してもらいたいものです。

最後の神戸アールティーの「無塩カレー粉」という名前ですが、カレー粉には塩が入っていないのがふつうです。

上記の6種類のカレー粉の原材料からわかること


6種類のカレー粉の原材料をしばらくながめていてみえてきたことがあります。アバウトでいえることとして、どれも「コリアンダー」「ターメリック」「クミン」の3つが上位にきている、ということです。

ということは、「コリアンダー」「ターメリック」「クミン」の3つがカレーの味の大部分をかもしだしているのかもしれません。

6種類のカレー粉のうちどの2つを選ぶか


「いくら食べても胸焼けしないカレーの作り方」の中で、複数のカレー粉とガラムマサラを用意しておき、それらを調合する、というやり方をおすすめしました→「いくら食べても胸焼けしないカレー」の作り方

この6種類のカレーから2つを選ぶとしたら、どれがいいでしょうか?

私が使ったことがあるのは4番目(SB)と5番目(ハチ食品)です。6種類から選んでのことではなく、たまたまです。どちらかというとSBの方がよかったような気がします。

しかし今回、このように比較しやすい記事を書いたので、6つの中から2つを選んで買ってみたいと思います。

1番コスパがいいのは最後の神戸アールティーで評価もいいです。これを選んでもいいとは思うのですが、全原材料を表示している姿勢を評価して、表示しているものから選びたいです。

上段のうち、ナイル商会 とインデアン食品はコスパが悪すぎるので却下します。するとまだアマゾン評価のないハウス食品だけになってしまいます。

ところがハウス食品は、純粋なカレー粉をあと2つ、つまり3種類も出していることがわかりました。その中から選ぶことにします。

それらは、
・ハウス マドラスカレーパウダー缶 400g  辛みをおさえた、インド風の豊かな香り
原材料:ターメリック、コリアンダー、クミン、フェンネル、フェヌグリーク、ナツメグ、陳皮、ブラックペパー、ジンジャー、ディル、クローブ、アニスシード、シナモン、カルダモン、ガーリック、唐がらし、タイム、セロリシード、スターアニス、アジョワン、ローリエ、セージ、ローズマリー、タラゴン

・ハウス 風車カレーパウダー缶 400g  煮込みや加熱に強い、シャープな香りと強さ

原材料:ターメリック、コリアンダー、クミン、フェヌグリーク、シナモン、フェンネル、唐がらし、ディル、陳皮、ナツメグ、クローブ、ジンジャー、ブラックペパー、カルダモン


上段に載せたものも並べます。
・ハウス食品   特製カレーパウダー  ハーブとスパイスの、繊細でマイルドな香りと辛さ

原材料: ターメリック、コリアンダー、フェヌグリーク、ブラックペッパー、パプリカ、ジンジャー、クミン、フェンネル、陳皮、カルダモン、ディル、ナツメグ、シナモン、唐がらし、クローブ、
スターアニス、ホワイトペッパー、ローリエ、アジョワン、オールスパイス、セロリシード、甘草、タイム、タラゴン、オレガノ、セージ、ローズマリー

上記赤文字に注目してください。缶に特徴が書いてありました。選びやすいですね。

送料が高いのがネックですが、2つ買うことで送料無料になるところがアマゾン以外でありました。このカレーを扱っている「ロハコ」では¥1900以上で送料が無料になります。

400gのカレー粉を2袋も多すぎるかもしれませんが、ヘルシーなカレー粉をカレー以外にもいろいろ使いこなしてみようかと思います。

ハウスのカレーパウダーは、アマゾンでは評価がありませんが、試して良かったら評価を入れます。ほかで買ったものでも評価をしてもいいのですよ、アマゾンでは。

ハウスの3つカレーパウダーの中で1番目の「ハウス マドラスカレーパウダー缶」と3番目の「ハウス食品   特製カレーパウダー」を買うことにしました。この記事を書いたおかげでいいカレー粉選びができました。

胸焼けや胃もたれがするのではなく、体が元気になる健康カレーを、カレー粉から作ってみませんか?とっても簡単に。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示