ホーム健康・美容 ≫ 安くて高品質なブルーライトカットメガネ(パソコンメガネ)は「これ」

安くて高品質なブルーライトカットメガネ(パソコンメガネ)は「これ」


どのパソコンメガネを買えばよいか、迷いに迷ったことのある自分の経験から、おすすめしたいパソコンメガネがあります。


 面白いブログがたくさんあります。
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
パソコンメガネを使い始めて目の激痛が治った記事はこちらです。→ブルーライト対策。パソコン使用による目の激痛はブルーライトが原因だった。

おすすめのパソコンメガネとは


「パソコンメガネ」と調べると、いろんなメーカーや販売者が、それぞれのアピールをしながら販売しています。それらの雑多な情報を読めば読むほど、なにを頼りに選べばいいのかわからなくなったりします。

そんな場合にはこのメガネをチェックしてみてください。そのブランドは「Cyxus(シクサズ)」です。

具体例はこちらのメガネです。→Cyxus(シクサズ) 青色光をカット[透明レンズ] 輻射防止眼鏡 パソコン PC用メガネ 男女兼用 濃い茶色復古円形フレーム

       メガネ2

価格は2000円くらいで、ブルーライトカット率は90%です。

Cyxus(シクサズ) は、アメリカ発のブランドでアメリカFDA認証、ヨーロッパ連盟CE認証、SGS(スイス)のRohs認証を取得している、とのことです。

なぜこの製品をおすすめするか


このメガネをおすすめする理由は「安いのに高品質」なことです。ブルーライトカット率が30%台~90%台のものが流通している中で90%は充分な高さです。

本当に、メーカーや販売サイトが宣伝する通りのブルーライトカット率であるのかどうかわかりませんが、チェック手段を持たない一消費者は、とりあえずそれを目安にするしかありません。

       メガネ1

上は私が買ったブルーライトメガネです。94%のブルーライトカット率で価格は12800円でした。目の痛さを何とかしたい一心で決めたものです。

       メガネ2

Cyxus(シクサズ)は、価格は6分の1以下で、ブルーライトカット率がほんの少ししか低くないことからもコスパが良さそうです。また、3つもの認証はなにもないよりよほど頼りになります。

このCyxus(シクサズ)のメガネは、実は私の長女がアマゾンで見つけて購入したものです。長女は日頃から良品探しが得意です。

まだ何ら自覚症状のない長女がパソコンメガネを買うことになったのは、私が自分の経験を熱く伝えて、半分補助するから買うようにと働きかけた結果です。

Cyxus(シクサズ)ブランドで、多くの種類のパソコンメガネがあるなかで、少ない評価しかないにもかかわらず、このメガネを選んだ理由を長女に聞いてみました。

答えは「ほかの同価格帯のものは90%と書いてなかったから」、とのことです。(未確認ですが)

見た目もなかなかいいと思います。濃い茶色復古円形フレームで一見「あられちゃん風」なのですが、それがアクセントとなり、ほうれい線が目立たなくなるようです。(長女のお悩みはほうれい線)

長女は、私から言われて予防のために買っただけで、目に自覚症状はありませんでした。老眼用ではないため私がトライもできず、このメガネの機能については私も長女も実感できてはいません。

私が買った2つのパソコンメガネはどちらもこのブランドではありません。「私もCyxus(シクサズ)のメガネを買いたかった」と思いながら調べたところ、老眼用についてはヒットしませんでした。

問い合わせたところやはり老眼用はないとのことでした。近眼用はあります。

この製品には「ブルーライト測定カード」がついてきた



       測定カードセット

Cyxus(シクサズ)のメガネは「ブルーライト測定カード」というものが付属でついてくる点も素晴らしいです。

このカードの裏面は「保証書」になっています。「購入から7日以内で理由に関係なく返品・交換してくれる」ことと、「購入から90日以内で品質に問題があった場合は無料で交換してくれる」ことが書かれています。

「ブルーライト測定カード」は一般に流通しているものではないようです。その類のものが付属でついてくるパソコンメガネは見かけたことがありません。

ブルーライト測定カードの使い方


カードの右下に「測定エリア」という四角で囲まれたエリアがあります。3cmほど上からライトを照射するとブルーライトカットのメガネを介していないので照射した箇所が下のように濃い青色に変わります。

       測定カード

その青色は時間がたつと消えます。今度はブルーライトカットのメガネを通して測定エリアを照射します。エリアは、そのメガネのブルーライトカット率に応じた、もっと薄い青色に変わります。

つまり、青色が薄ければ薄いほどカット率が高い、ということです。照射時間は2秒です。

簡易的な測定方法にちがいないとは思いますが、なんらかの判断のめやすになるかもしれません。

このメガネの重さ


メガネの重さはとても重要な情報であるにもかかわらず、ほとんど記載がありません。あっても「軽量です」などの漠然とした情報だけです。どの程度軽量なのかが知りたいのです。重い眼鏡はつらいので。

私が持っている2つのパソコンメガネも軽いことを重視して買いました。ひとつは17gで、もうひとつのは21gです。(買ってみてはじめてわかった数値です)

       メガネ1
             17g

       メガネ3
             21g

このCyxus(シクサズ)のパソコンメガネの重さは「20g」です。安さの割にはなかなかいいと思います。

       メガネ2
             20g

おすすめポイントのまとめ


Cyxus(シクサズ)のこの製品をおすすめするポイントをまとめると、下のようになります。

・安いのに高品質
・安い割に軽い
・各国での認証取得
・保証つき
・ブルーライト測定カードが付属でついてくる

デメリット


老眼用がないことがたった1つのデメリットと言えるかもしれません。老眼ではない方には、非常にコスパよく信頼できる最強のブランドではないかと思います。

こちらの商品を「高品質」と判断してご紹介することにした、さらなるデータを次回の記事にアップする予定です。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示