ホーム健康・美容 ≫ 「コルチゾール」「副腎疲労」がまるわかり。誰でもなり得る副腎疲労症候群。

「コルチゾール」「副腎疲労」がまるわかり。誰でもなり得る副腎疲労症候群。


夏の終わり頃からの、自分自身の体調不良をきっかけに、副腎についていろいろ調べることとなりました。

副腎疲労症候群」は、おそらくここ数年くらいで急速に認識が広まっている病気です。副腎疲労についてわかったことをお伝えします。


 面白いブログがたくさんあります。
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

副腎疲労症候群とは


「副腎疲労症候群」は、1990年代に、アメリカの自然療法医James Wilson博士によって提唱された病気の概念です。ストレスによって副腎が疲れてしまう病気で、英語名を「アドレナルファティーグ」といいます。

発見されてからまだ日が浅い病気ですが、WHO(世界保健機関)がこの病気の概念を認めたのはもっとあとです。

大学で教えられることもないため、副腎の専門医の中でも副腎疲労症候群について「知らない医師もいる」のだそうです。

真に専門的な治療を受けるには「副腎疲労」の専門医にかかる必要があるのかもしれません。

副腎とは


副腎は、腎臓の上に帽子のように載っている、3センチ、5gほどの小さな臓器で、様々なホルモンを作り出す役割を担っています。

       副腎

副腎は、肝臓からの栄養をもとに体を動かしたりストレスを打ち消したりするホルモンを分泌しているのです。 副腎は、小さいながらストレスと闘う臓器、というわけです。

副腎の内側を「副腎髄質」といい、外側を「副腎皮質」といいます。それぞれ別のホルモンを分泌しています。

コルチゾール(ステロイドホルモン)とは


コルチゾールは副腎皮質で作られるホルモンの1つです。

他のホルモンと同様に、人間の生理的状態を一定に保つように働きます。主として、ストレスと低血糖に反応して分泌されます。コルチゾールには、ステロイドホルモンという別名があります。

「ステロイドホルモン」はそもそもは、人体で作られているホルモンなのですが、それを病気治療に使うために人工的に合成されるのが「ステロイド剤」です。

ステロイドホルモンは抗炎症作用や免疫抑制作用、抗アレルギー作用などがあるので、ステロイド剤は様々な疾患治療に使用されています。

コルチゾールと副腎疲労症候群


「副腎疲労症候群」とは、「副腎皮質」から分泌される「コルチゾール」が低下し、ストレスに対抗できなくなった病気の状態です。

アメリカでは人口の15%がこの病気にかかっているのではないかと推測されています。現代病の1つ、と言えるのかもしれません。

副腎疲労症候群の症状


       体調不良

副腎疲労の症状は人により様々であるといわれます。どこへ行っても原因不明と診断されたり、「うつ病」と誤診されたりすることも多いようです。

コルチゾール値が低すぎると、低血糖症をもたらします。血糖値の維持に必要な、肝臓での糖新生というものが十分に行えなくなるからです。
(糖新生=アミノ酸、グリセリンなどの糖でない物質から糖を作る、肝臓の機能の一つ)

熟睡に必要な血糖値を維持できなくなり、短時間で目が覚めてしまい熟睡を妨げます。

そして、細胞が働くのに必要な糖分が不足し、エネルギー不足を感じたり、 低血糖の症状である手足の震え、不安、無気力、緊張、判断力低下などの脳疲労症状も出現してきます。

心身の症状が表れるところがうつ病とよく似ています。

一般的な検査では原因が見つからない→心療内科受診を勧められる→うつ病と診断され処方される

上のような経過をたどるケースが多いのではないかと想像します。

副腎疲労症候群の原因


腸内環境の悪化、化学物質・重金属の蓄積、体内の炎症、細菌の感染、過労、睡眠不足、精神的なストレス、他のホルモンの異常、生活習慣などが原因といわれています。

こうして原因をみると、この病気は「誰がいつかかってもおかしくない病気のように思われます。

副腎疲労症候群を治す方法


回復法の基本はストレスを避けて休むことです。

副腎疲労は副腎の細胞が弱っている病気です。副腎を休ませてあげること、副腎が必要としている栄養を十分補給することが回復につながります。

食事からの栄養では追いつかないものを適切なサプリを使用することで回復が早まる、と「分子整合栄養医学」(後述)では言われています。

一方で標準診療においては、副腎疲労はステロイドホルモン(コルチゾール)が少なくなることで起きるので、「ステロイド剤」を服用することで症状を軽くすることができるのだそうです。

でも、それは副腎が元気になり働けるようになる方法ではなく、逆に副腎は弱ってしまうのだ、という副腎疲労専門医の指摘もあります。

副作用のあるものですし、根本治癒につながらない対症療法なのであれば個人的には受けたくない、と思います。ステロイド剤を一生服用しなければならないケースもあるようです。

しかし、副腎疲労症候群を放置していると、ガンや自己免疫性疾患にかかる恐れもあるらしく、厄介です。

副腎疲労症候群が疑われる場合にはきちんと受診して、もし副腎疲労症候群との診断を受けたなら、何らかの治療をしなければならない病気です。

長年、歯医者以外には滅多にお医者にかからなく、かかったとしても薬は断ったり、飲まなかったりでやり過ごしてきた私でもそう思えます。

副腎疲労症候群の専門医


副腎疲労症候群の専門医はまだ多くはないようですが、分子栄養学(分子整合栄養医学)による診療が中心になるようです。

様々な体調不良はビタミン・ミネラルをはじめとした栄養不足からくることも多く、食事改善やサプリメントにより改善することができる。(その中には特別な機能をもつ栄養素も含まれる)

そのような、細胞を構成する分子レベルのバランスの乱れを栄養素を用いて整える、という考え方が分子整合栄養療法(オーソモレキュラー療法)です。

病気の予防、老化防止にも有効とされます。

その検査もサプリ代も保険が効かなくて自費になります。ケースよって違いがあるようですが毎月のサプリ代は3~5万前後かかると思われます。

副腎疲労症候群は専用の検査である「唾液中コルチゾール検査」によってのみ正しく診断されると言う医師と、血液検査でわかる、という医師がいます。

検査・診断を専門医で受けて、必要なサプリを教えてもらい、サプリは個人輸入(アイハーブなど)で自分で割安に調達する、という方法をとる場合もあるようです。

サプリの種類名や必要摂取量を教えてくれる専門医はそう多くはない、と思えますが。

分子整合栄養医学と言えば、私の長女の場合、低血糖の検査と治療を、分子整合栄養医学の草分けである「マリヤクリニック」で受けました。→長女はうつ病ではなく、低血糖症だったのかもしれないと思う理由

初回の予約日まで気が遠くなるほど何か月も待ちました。

重症だったので確実な治療を受けさせたいと思い、クリニックのサプリを購入していました。毎月5万くらいかかっていました。

(結局、半年くらい通院したところで、中断。母が病に倒れ、生死をさまよう中、長女も含めて皆で付き添わねばならず、長女の通院どころではなくなったからです。それでも何とか改善しました。)

分子整合栄養医学(分子栄養療法、オーソモレキュラー)の理解にはこちらがおすすめ
です。→【栄養士が語る】今、話題の新栄養療法「オーソモレキュラー」とは?


副腎疲労症候群、私の場合


私の場合、まだ「副腎疲労症候群)であると診断されたわけではなく、詳しくはこれからになります。

ざっくり書くと、9月はじめから体調悪く、風邪を引いたと思っていたのがそのまま治らず今にいたります。

風邪を引きっぱなしのような感じのほか、あちこちが痛かったり、ちょっと動きすぎたあとにひどく疲れたり、ときどき猛烈に具合悪かったり、眠りの途中で目が覚めたりという状態です。

これまでに以下のような経過をたどっています。

はじめの総合病院での検診で、「肝臓の数値がよくないので肝臓専門医のいる病院へ行くように」と言われる。
  ↓
別の総合病院へ
 再検査
  肝臓は悪くない
  どこも悪くない(レントゲンCTその他の検査の結果)
  原因不明ということで大学病院へ紹介される
  ↓
大学病院へ
 必要な検査はし尽くされているが、あと1つだけ「ステロイドホルモンの検査」をします、とのこと。
 そして、「コルチゾール」(ステロイドホルモン)が基準値から少し外れて低いことがわかる。
 専門科での受診を指示され予約待ち中

現在、ひと月半先の、「代謝・内分泌内科」の予約を待っているところです。

私が受けているのは分子栄養療法ではなく、現代西洋医学の保険診療です。

「代謝・内分泌内科」の受診を待ってはいますが、経過次第で分子栄養療法の病院にかかる必要があるかもしれない、と思っています。

継続的な、保険の効かない高額医療費は痛いですが、「体は資本だから仕方ない」と思います。

その場合のサプリについては、私の場合は専門医でのお高いサプリでなく、アイハーブで購入する割安のサプリでもいいかな、と考えています。(それでも高額です)

病院で処方してもらう方が良さそうではありますが、検査代だけでも大変高額な費用がかかりますのでね。

本当に自分がそうなんだろうか、と半信半疑な気持ちで次の受診日を待っているところです。その検査は、ステロイドホルモンを注入して、時間の経過ごとの血液の変化を見る、というものです。


ここまでくるのに2つ目と3つ目の病院で、心療内科受診の示唆や精神症状である疑いもかなり示唆されていました。

これで心療内科にかかっていたとしたら、診断名は「うつ病」に決定していたのではないかという気がします。微妙な世界です。

自分に関係ない?


「副腎疲労」という聞きなれない病気についてでしたが、現代においては「自分に関係ない」と言い切れる人はそう多くないと思います。

疑わしい場合は、早めに受診するのがおすすめです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示