ホーム洗浄剤・消臭剤・エキス・サプリなど ≫ ハッカスプレーで毎日をもっとさわやかにする方法

ハッカスプレーで毎日をもっとさわやかにする方法


最近、人気急上昇中の「ハッカ油」の活用法の中でも、「ハッカスプレー」に的を絞ってお伝えしたいと思います。


 面白いブログがたくさんあります。
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
私が行っているハッカ油の3大活用法はこちらです。→ハッカ油の3大活用法。ハッカ油は快適な生活の必需品。

ハッカスプレーの原材料


ハッカスプレーの原材料には「水」・「エタノール」・「ハッカ油」を使います。水はできれば精製水を使います。

「エタノール」は水とハッカ油が分離するのを防ぐためと、ハッカスプレーの持ちをよくするために入れます。


ハッカスプレーの作り方


これが、意外なほど重要なのですが、ハッカスプレーを作るには、以下の手順を守る必要があります。

容器にエタノールとハッカ油を先に入れてよく振る。それから水を入れてよく振る。

エタノールの乳化作用を生かすには、先にハッカ油と合わせて振っておかなければなりません。水を入れてしまってからだとうまくいきません。

手順を守った作り方をしておくと安心です。なぜならスプレーするときには軽く振るだけでよく、あるいは振るのを忘れてもかまわないからです。

エタノールとは?


「エタノール」は「エチルアルコール」の別名です。つまりエタノールはアルコールの一種で飲食ができます。(度数が強すぎるので直接飲んではいけないようです)

エタノールには消毒殺菌除菌の作用があり、頑固な汚れも落とします。水にも油にも混ざる性質をしています。

エタノールには「無水エタノール」と「消毒用エタノール」があります。アルコール純度のちがいです。前者は純度が100%に近く、後者は80%前後です。

エタノールは90%以上(無水エタノール)では殺菌効果があまりなくて、水と混ざることで殺菌効果を発揮します。最大の効果をあらわすのは、80%前後なのだそうです。

消毒用エタノールがその濃さになっているのはそのような理由からです。

それでは、そのままでは殺菌効果がない「無水エタノール」の用途は何なのでしょうか?

水で薄めない無水エタノールは、電子機器など水分を使えないものを拭いたり、シール跡などベタベタしたものを拭き取ったりすることができます。

エタノールの代わりに焼酎は使えるの?


エタノールはアルコールなので、アルコール度数の高いアルコール飲料はエタノールの代わりに使えます。たとえばウォッカや度数の高い焼酎などです。

それらの飲料をエタノールの代わりに使ってハッカスプレーを作るとしたら、エタノールの2倍量くらいが必要になります。

ハッカスプレーのハッカ濃度は用途によって変える


ハッカスプレーの用途によって、ハッカ油の量を変えます。濃いめがいい場合も、薄目がよい場合もあります。

ハッカスプレーのエタノール濃度のバリエーション


■掃除用ハッカスプレーのエタノール濃度のちがい
強力な汚れ・・・エタノールをうすめずそのまま使う
中程度の汚れ・・・水50にエタノール50
ふつうの拭き掃除・・・水70にエタノール30(床拭きやトイレ掃除に最適)

それぞれに、お好みで何滴かのハッカ油を加えてください。とは言っても手順は守ってください。

容器にエタノールとハッカ油を先に入れてよく振ります。それから水を入れます。

■キッチンの殺菌、生ごみ等の臭い消し
水70にエタノール30にハッカ油30滴程度
(ハッカ油などの精油1滴はおよそ0.05mlで0.025gである、と言われています)

サンマを焼いたあとのキッチンも、これでスッキリいい匂いです。

■掃除以外のハッカスプレー
水90にエタノール10と覚えておきましょう。ハッカスプレーの持ちのために考えられた水とエタノールの配合です。ハッカ油は5~10滴程度です。

しつこいですがおさらいです。容器にエタノールとハッカ油を先に入れてよく振ります。それから水を入れます。

ルームスプレー、虫よけスプレー、涼感スプレー、気分転換に手にシュッとかけてすりすりするなど発想次第で用途は広がります。

ハッカスプレーにはどちらのエタノール?


ハッカスプレーを作るときに、「無水エタノール」と「消毒用エタノール」のどちらのエタノールを使うべきかというと、どちらでもかまいません。

厳密に言うと、「無水エタノール」、「消毒用エタノール」の、どちらを使うかで分量がちがってくるのですが、そこまで厳密である必要はないでしょう。

ただし、「消毒用エタノールIP」という名称のものは除外します。「消毒用エタノールIP」には「イソプロパノール」というものが含まれています。

イソプロパノールもアルコールの一種ですが、エタノールに比べて毒性と刺激性が強いため避けておきます。そのほうが安心できますね。

こんな用途もあります


最近、湯シャンの都合で頭皮にハッカスプレーをかけてマッサージしたときの快適さが、ハッカにはまりはじめたきっかけでした。

乾燥のために、湯シャン後の頭皮が油っぽくなるのを防ぐ目的でハッカ油のスプレーをしたことはこちらの記事に書きました。→最近「湯シャン」の髪が急に油っぽくなった理由とその対策

それ以来、頭痛や頭重のときにも好んでハッカスプレーを使うようになりました。頭のマッサージをするときに、ハッカスプレーをかけるかかけないかではまるでちがうのです。

エタノールとハッカ油。両方に耐性のあるプラスチック容器は?


ハッカ油のスプレーを作る場合、容器に注意が必要です。ハッカ油に含まれるリモネンという物質はポリスチレンを 溶かす性質があるので、ポリスチレン(PS)製容器は厳禁です。

エタノールとハッカ油の両方に使ってもよいプラスチック容器として、「ポリエチレン(PE)」と「ポリプロピレン(PP)」があります。ガラスだとなお安心です。

       spray1.png
       
ガラスのスプレー容器 10ml (アマゾン ガレージゼロ で購入したハッカ油10ml入り \198 送料込 安い!)
       
       spray_20170928032758867.png

       ポリプロピレン(PP)容器 30ml (ダイソー)


ハッカはネコには危険!


ネコはハッカを含むすべての精油を代謝できません。蓄積することで中毒症状を起こし、時にいたることもあるのでネコを飼っておられる場合はご注意ください。


殺菌作用 覚醒作用 殺虫・防虫作用 消臭作用 清涼感 リラックス効果。

ハッカのそのような作用や効果を生かして毎日の生活をもっとさわやかにしてみませんか!

(ハッカ油は高濃度に凝縮されたものです。使い過ぎにはくれぐれもご注意ください)

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示