ホームADHD ≫ ディズニーチケット購入時にやらかしてしまったADHD的大失敗

ディズニーチケット購入時にやらかしてしまったADHD的大失敗


西暦和暦を混同してしまったたこと、ありますか?私はしょっちゅうです。

たった昨日のことです。ヤフオクで、使用期限まであと少ししか残っていないディズニーチケットを間違えて落札してしまいました。しかも2枚もです。

そのあとしまつと今後の対策を考えてみました。


 面白いブログがたくさんあります。
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
西暦と和暦を混同するとは、西暦2017年で平成29年であるのを「西暦2019年」や「平成27年」だと勘違いすることです。

これまでにも頭の中で混同を起こしたことは数えきれないくらいありました。でも実害を起こしたのは今回が初めてでした。

ヤフオクでディズニーチケット購入。とんでもない勘違い。


気づいたのは落札後の手続きを終えてずい分時間がたってからでした。

出品者の方とのやりとりの中で、チケットを急いで発送くださる様子に「急いでいませんから~」のようにのんきに返信したあとです。今が平成27ではなく29年であると気づき、瞬時に真っ青でした。

説明文に、「平成29年6月30日まで有効」とあったのを今は平成27年だから、あと2年間ある、と思ってしまったのです(恥)。

       ディズニー

直後に、「やっぱり急ぎます」と訂正連絡することになりました(汗)。

衝動的な暴走には気をつけろ


実はそれだけではないのです。

ヤフオク!毎日くじ」というのがときどきあって、現在も6月25日まで行われています。

それは期間中は毎日引けるくじで、1等から6等まであって外れなしです。当たると落札金額の5%~100%までのTポイントが落札額に応じてもらえる、というものです。

開催に気がついてから毎日引いていたら、これまでで最高の20%が当たりました。今思えばそれですっかり舞い上がってしまったのです。

「金券・チケット類は除外される」との注意書きも確かめないで暴走して、ディズニーチケットを合計4枚も落札してしまいました。

かねがね、ディズニーランドまたはディズニーシーで、やってみたいことがありました。そのために、今回チケットを何枚か購入することを思いついたのです。

それで、購入した4枚のうち2枚が使用期限ぎりぎりだったというわけです。窓口で購入すると7400円のところ、送料を含めると1枚につき7000円くらいでした。

せっかく当たった20%の特典も使えないだけでなく、受け取り後たった7日間しか有効期限がないチケットをつかんでしまいトホホでした(泣)。

典型的なADHD的行動でした。思いつきで暴走してはいけない、と深く反省することになりました。

出品した人は、ぎりぎりのものが高値で売れて大変喜んでおられたようでした。

使用期限ぎりぎりのチケットをどうするか


当然、ヤフオクで転売できるような日数などありませんから、自分で使うしかありません。

7日間のうち、仕事のない日は2日間しかありません。自分で2回行くのははどう考えても無理です。

アクセサリー製作で忙しそうな長女に声をかけてみたら、「行ける」というのでとりあえず胸をなでおろしました。

ディズニーなら次女も行きたいはず、とのことでそのために有給をとった次女も加わり、3人で行くことになりました。4枚購入した中の、ぎりぎりではないチケットも1枚使います。

娘たちとの外出はけっこうありますがディズニーははじめてです。平日のディズニーは乗り物も比較的楽に乗れそうで、楽しみになりました。

まだ、「ランド」にするか「シー」にするか決めていないのですけど。

ディズニーまでは最寄駅からたった「17分」と、とても行きやすいところに私は住んでいます。毎夜8:30の花火を4階のベランダから見ることもできます。

今後、同様の失敗をしないために


時間表記の24時制では、飛行機搭乗にからみヒヤリとした経験から24時制をやめ12時制を使うことを決めた私です。→時刻表記法にひそむ落とし穴。私が「24時制」の使用をやめる決心をした理由。

今回のチケットのような失敗を防ぐために西暦と和暦に対してどのようにしたらいいのだろうか、と考えました。

起きやすいのは「2019年と27年」のように、下2ケタをとりちがえてしまう間違いです。

西暦2018年には平成30年、2020年には32年となります。西暦の2000年という大きな数字を外して考えれば、平成の和暦は西暦の12才年上の兄弟のようなものです。

これも元号が変わればまた関係が逆転します。そのときには、西暦が年長者となります。とりあえずは平成が先輩です。

今後の対策としては、重要さに応じて、西暦・和暦の両方を確認するとともに、西暦と平成の年齢差が12才であることを覚えておくことにしました。

いちいちめんどうではありますが、いつもやっていると簡単になり、そのことによって重大な失敗を防げるなら十分にペイします。でもそんな人は私だけでしょうか?

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示