ホーム食生活 ≫ トランス脂肪酸の話。行列ができる高級な食パン屋さんのパンは?

トランス脂肪酸の話。行列ができる高級な食パン屋さんのパンは?


今日は仕事の帰りに、以前から関心のあったパン屋さんに行ってみました。いつも行列ができているのを車から見ていたので。・・・その結果、がっかりして戻ってくることになりました。


 面白いブログがたくさんあります。
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
がっかりしたのは原材料に「トランス脂肪酸」が使われていたことです。

行列ができるパン屋さん


そのパン屋さんでは、時々車で通りかかると、パンを買うためにお店の外まで男女のお客さんが並んでいます。日頃、私が歩いて通る場所ではないのですが、パートに行くようになった保育園から遠くありません。

行列するにはそれなりのことがあるにちがいない、と思いました。そこで仕事帰りに、バス乗り場と反対側にあるそのパン屋さんへ足をのばして行ってみたのです。

ふつうのパン屋さんとはずいぶんおもむきがちがいます。店内のスペースは受け渡しのカウンターしかない様子です。それも2人並ぶのがやっとの狭いカウンターです。

店外にいろいろなメッセージが張られています。焼き上がり時間のほか、受け渡しについての注意があります。

追記:後で調べたところ全国展開しているフランチャイズイズの食パン専門のパン屋さんであることがわかりました。(○本堂)

整理券が必要なパン屋さん


整理券を渡すときに個数を告げたら、買うときに個数は増やせないこと、列から抜けると無効となることが書かれていました。

店内には何種類かの食パンの説明が書かれたポスターが貼られていました。「国産小麦粉」という文字も見えました。もしかするとかなり意識の高いパン作りをされているのかも、と期待が高まりました。

店外と店内にいたお客さんが全員終わって帰るのをじっと待ち、中へ入りました。

行列ができるパン屋さんのパンの原材料


袋詰めでスーパーに並んでいるパンには原材料の表記があって確かめてから買うことができます。一方で、対面販売ではほぼ、原材料教示はなくて、尋ねるかしかありません。

みんなが黙って買っているものについて、わざわざ尋ねるのはなかなかエネルギーが要ります。しかし、有害なものならばわざわざ買いたくない、という気持ちが勝ちます。

「こちらを利用させていただいたことはないのですが、原材料の記載を見せていただくことはできますか?」と聞いてみました。原材料を提示できるものを用意してある場合もけっこうあるのです。

でも、それはなかったらしく口頭で原材料を言い始めてくれました。

「原材料は小麦粉、油脂、」と言ったところで(最後まで聞かなくて悪いのですが、)「油脂の種類は何ですか?」と聞きました。一番知りたいのは油脂の詳細だからです。

返事は「バターマーガリンです」とのことだったのでそこで用は終わりました。トランス脂肪酸(マーガリンなど)が使われているかどうかを知りたかったのですが使われていたのでした。

「そうですか、ありがとうございました」とお礼を言って帰ろうとしたときに「ショートニングは使っていません」と追加説明がありました。

「そうですか、ありがとうございました」とまた言ってそのお店を後にしました。

いい材料を使った純良な食品はなかなかお目にかかれない、とふだんから感じていることを「やっぱりそうなんだ」と確認したような気持ちでした。

「ショートニングは使っていません」と付け加えるところから、おそらくトランス脂肪酸の有害性を知っているのでしょう。

安い油脂であるマーガリンを使った分だけ原価は抑えられます。いいお値段なのに残念なパンです。おいしいパンだということで行列ができるのでしょうけれど。

私が買うのはカンパーニュパン(パン・ド・カンパーニュ)


市販の他のパンの99%以上はトランス脂肪酸(主にマーガリン、ショートニング)入りのパンだと思います。

なので、買うとしたら油脂が一切入っていないフランスパン系のパンから選びます。(フランスパン系パンのすべてにトランス脂肪酸が使われていないわけではありません)

特にライ麦入りのカンパーニュはおいしくてヘルシーなのでお気に入りです。

でも、安心して食べられる食パンがあるならたまに食パンも食べたいと思いますがそれはかなりむずかしいです。お金に糸目はつけますし、手作りになりますかね。手作りパンには、わざわざマーガリンを使わないようにしましょう。


それにしても、行列ができて整理券までが必要なことと、その商品の価値は関係がない場合のいい例でした。現代日本では、いいパンにはそう簡単に出合えない、と思っておく方がまちがいありません。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

老夫婦のパン屋では、昔どおり、マーガリン、ショートニング、イーストフードなどを使用しているケースが多いです。海外で修行してきた若い人のパン屋だと、バター、しかも発酵バターを使用し、天然酵母を数種類、小麦を数種類使い分けているケースが多いです。

ちなみに、うちから徒歩30秒で行けるのは老夫婦のパン屋なので、パンを買う時には片道1時間ほどかけています。

- | 2018.08.17 00:17 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示