ホーム実用 ≫ 郵便料金値上げをわかりやすく。2017年6月1日からの変更。

郵便料金値上げをわかりやすく。2017年6月1日からの変更。


あと3週間で郵便料金値上げされます。

なんだかややこしい値上げ内容を、すっきりとわかりやすくお伝えします。必見情報もありますのでお見逃しなく。


 面白いブログがたくさんあります。
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
実質的な値上げは1994年以来23年ぶりだそうです。そう考えると仕方ないかもしれません。ただ、複雑でいまいちわかりにくいのです。

では、わかりやすく説明してみますね。あと3週間ですのでしっかり頭に入れておくといざというときにスムーズにことが運ぶでしょう。

郵便料金改定 これを把握しておくだけでも


一般に使用頻度の高い物についての変更は次の通りになります。

はがきが52円→62円へ値上げされます。
●これまでに82円、92円で送っていた定型郵便物封書)についてはそのまま据え置かれ変更がありません。

上記を理解しておくだけでもひと安心ですね。


次は、上記も含めて、料金変更のあるなしで分類してみます。

料金変更になる郵便物のまとめ


1.はがき 52円→62円 、往復はがき 104円→124円
2.定型外郵便 (※1)
3.ゆうメール

※1 定型外郵便は大きく変更されます。
これまでは、重量制だったのが、サイズも関係するようになります。(規格内、規格外)厚さ3cmを超えるものは割高となります。

詳しいことはこちらで確認できます。→郵便料金改定の詳細

料金変更がない郵便物のまとめ


1.定型郵便物(ふつうの封書) 82円(25g以内) 92円(50g以内)
2.年賀はがき 52円 (※2)
3.ミニレター(郵便書簡) 62円

※2 12/15から1/7の間に差し出されたはがきであり、表面に「年賀」の文字を赤ではっきり書かれたもの。(官製・私製を問わない)

ミニレターのおススメ


今回の料金改定で注目すべき情報。それはミニレターです。ミニレターは有効に使っている人たちもいますがあまり広く知られていません。

       ミニレター

ミニレターは値上げがなく、はがきの新料金と同じになります。

ミニレターは便箋も封筒も要りません。裏に文章を書いてそれをたたんで封をして送ることができます。また、25gを越えなければ定型の封書のように使うこともできます。

植物の種のような薄くて軽いものを送るのに、定型の封書で送るよりも20円も安く送れます。写真などのほかにケースに入れたmicroSDやSDカードも送れます。


アナログな話ですが、はがきと同じ料金で便箋も封筒も不要ではがきの3倍のスペースに書け、さらに別紙に書いたりプリントした紙も封入できます。

送れる情報量はかなりな量です。そして薄いものなら物も送れるという点で、はがきと比べても、ミニレターは断然お得です。

ヤフオク出品者でもミニレターを知って活用している人と、そうではない人がいます。私がバイトをしている派遣会社は、給与明細などをミニレターに封入して送ってきます。節約が徹底しています。

25g以内の薄い封書ならミニレターに決まりですね。これまでにミニレターを知らなかった人も、この機会にぜひ、ミニレターに着目して有効に使い倒してはいかがでしょうか?

注意点は、ケースバイケースで使い分ける必要があることです。たとえば、礼を尽くすべき手紙をミニレターで出すようなことをしては、セコ過ぎてせっかくの手紙が台無しになってしまうことなど(笑)

以上、郵便料金改定について説明してみましたがわかりやすかったでしょうか?

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示