ホーム洗浄剤・消臭剤・エキス・サプリなど ≫ 柔軟剤被害。私が「無香料の柔軟剤」を強くお勧めする理由

柔軟剤被害。私が「無香料の柔軟剤」を強くお勧めする理由


柔軟剤を使われる場合、強くお勧めしたい柔軟剤があります。それは無香料の柔軟剤です。おススメの香り剤もご紹介しています。


 面白いブログがたくさんあります。
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

飛行機で柔軟剤被害


先月、LCCの飛行機で札幌へ行ったときのことです。

飛行機に乗り込むと、後方からつらい空気が流れてきました。非常にキツい柔軟剤の臭いです。

柔軟剤のにおいは、一般に「匂い」と表記されていますが、私は「臭い」と書きたいと思います。

すぐ後ろには(言葉の感じから)タイ人かベトナム人風の3人組の男性が座っていました。外国人に限らず近年は強烈な臭いを振りまいている人が少なくないので困っています。

国籍・人種に関係なく、そういう方とは、すれちがっただけで頭が痛くなります。例え話ではなく本当に。それがすぐ後ろに座っているのですから苦しくてたまりません。吸うべき空気がないのです。

直撃されるような、強烈な柔軟剤の臭いには、機能性マスクも役に立ちません。マスクの上から、来ていた服を引っ張ってと口を覆いながらしのいでいました。

そして、「席を変えてもらえないか」と簡単に事情を手帳に書いたものを男性CAさんにお見せしました。無言でじっと読み、「これ、お借りしてもいいですか?」と言って、手帳を持ってその場を離れました。

すぐに戻ってきて「離陸してから別の席をご案内します」、と言ってくれてほっとする私。

その後、最後列の端に席を変更してもらえました。そこで吸った空気のおいしかったこと。元々、機内でそんなに空気がいいはずがなくても、本当にそう感じられました。

そのCAさんは、私が飛行機から降りるときに、かなり前方に収納してあったキャリーバッグを、待ち構えていたように下ろして渡してくださいました。

一部始終の対応がそれこそ神対応でした。ご配慮に感謝いたします。

仕事場でも柔軟剤アタック


病院事務のバイトに加え、4月から週に数回のパート勤務を始めた保育園でのことです。病院では時間外受付の仕事で人数も限られていて、たまたま香害はありませんでした。

しかし、人数が増えると香害の確立も上がります。強烈な柔軟剤使用の方から数十センチの距離に、たまたま一定時間座ることになりました。保育園でのことです。

たちまち鼻が痛くなり、次に頭も痛くなり、最後に気持ち悪くなってしまいました。

園児の中にもきつい柔軟剤の臭いがする子がみられます。

衣服についてしまった臭いは帰宅してからも自分が柔軟剤を使っているかのようです。ほかのものといっしょに洗うと、臭いがほかのものに移ってしまいます。

香りが長持ちすると謳っているのは、香りの化学成分のカプセルが時間差ではじけるようにできているらしいです。ほかでもらったカプセルが自宅ではじける、ということが起きてしまうのです。

持ち帰ったバッグの内容物にも臭いがついています。バッグに入ったままだったというのにです。長く続けられるか自信がなくなりました。とりあえず、出勤頻度を少な目にしていただくようにお願いしました。

常にマスク着用では申し訳ないので、たまにマスクなしで試してみようと、玄関を開けてみるとやっぱりだめです。柔軟剤入りの空気に直撃されてすぐにマスクをかけなくてはいけません。

健康を犠牲にしてまでバイトをしようと思いません。マスクを禁止されたらやめさせていただくところですが、たまたま事前にそれは確かめてありました。(風邪以外でのマスク着用可)

強い臭いの柔軟剤はいつから?


2008年のダウニーのヒットを契機に、強い臭いの柔軟剤が人気となりました。ここ10年くらいのことです。今では千億円市場と言われる柔軟剤です。

それらのきつい臭いの柔軟剤は、従来の微香性のものとは根本的にちがうらしいです。

それ以降、多くの柔軟剤被害が独立行政法人国民生活センターに寄せられるようになり、その数は増加しています。合成香料は化学物質であり有害物質です。

その臭いのする空気を吸うということは、化学物質を体内に取り込み、血液中に混入して体中をめぐらせる、ということです。当然母乳への混入もあることでしょう。

たとえば放射能シックハウスの被害であれば「遠ざけたい」、と誰しもが思うはずです。

それなのに化学物質である合成香料でわざわざ身辺を汚染するのはなぜでしょうか?

無香料の柔軟剤をおススメするわけ


臭いの強い柔軟剤を使うのは衣服に香りをつけたいから、だと思います。しかし、その香りは自分と他の人たちの健康被害に直結しています。

強い臭いの柔軟剤を使用することのリスクを知ってほしいと思います。

自分は化学物質過敏症ではないから問題ない?


強い臭いの柔軟剤を使用している人が始終マスクを着用している場合があります。それは、因果関係に気づかないままに、柔軟剤のために体調不良に陥っているのではないかと推測します。

たとえ、健康被害が目に見えて起きていなかったとしても、体の内部では細胞が苦しんでいるにちがいありません。

「柔軟仕上げ剤を使用したタオルで顔を拭くとせきが止まらなくなった。(独立行政法人国民生活センターより)」という報告もあります。

柔軟剤の使用は個人の自由かもしれませんが、そうとばかりは言えません。自他に被害が広がらないうちに、強い臭いの柔軟剤使用をやめる賢明な選択をしてほしい、と願っています。

柔軟剤だけではない


柔軟剤だけではなく、衣類用洗剤、布製品用消臭剤、部屋用消臭芳香剤トイレ用消臭芳香剤、車用消臭芳香剤等も同様の問題があるのですが、柔軟剤に的を絞って書かせていただきました。

商業施設や宿泊施設の「トイレ消臭剤」で、おおげさではなく、呼吸ができないような苦しい思いをすることがときどきあります。

施設の管理責任者にその空気を実際に試し吸いしてもらいたい、といつも思います。

おすすめの無香料の柔軟剤


静電気防止のためなどで柔軟剤が必要な方におススメできるのは、「ブルーベルのナチュラルふわふわ柔軟剤無香料」です。

●化学香料や、着色料、シリコンなどの肌に負担のかかる原料を取り除き、敏感肌の方や赤ちゃんの衣類にも使用できるように仕上げられているそうです。

吸水性を損なわず使うたびに生地を柔らかくする大豆由来の柔軟成分を使用していて、汗をかきやすい季節でも汗をしっかり吸い取るそうです。

●肌に優しく、バクテリアや細菌に有効な抗菌剤を使用していて、部屋干しでもイヤな臭いを残さず、干しあがるそうです。

成分:界面活性剤(大豆脂肪酸)、安定剤、抗菌剤
カナダ産、ブルーベル株式会社


私自身は柔軟剤を使用していません。

私の洗濯方法はセスキ炭酸ソーダを使った洗濯で、柔軟剤の必要はありません。詳しくはこちらの記事中の、「洗濯に使う石けん」の箇所に書いてあります。→洗濯用液体石けんを使いまわす。洗浄剤の一本化で超節約。

香り目的には「こちら」がおススメです


香りをつけるのが目的なら、天然のオーデコロンをおすすめいたします。一番のおススメは、テラクオーレのオーガニックダマスクローズオードトワレ)です。

スメハラ」「香害」とは対局の、好感度の高い香りを漂わせてはいかがでしょうか?とても素敵な香りがします。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示