ホーム食生活 ≫ 飴を食べるのなら健康に役立つ飴を食べたい。有益無害な飴はどれ?

飴を食べるのなら健康に役立つ飴を食べたい。有益無害な飴はどれ?


を食べるのなら少しでも体にとって有益な飴を食べたいと思います。

「できるだけ害が少ない飴」や「少しでも健康に役立つ飴」を探し求めて、膨大な時間を使ってきました。これまでに探し当てた飴についてお伝えしたいと思います。


 面白いブログがたくさんあります。
   ↓    ↓      ↓
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
「嗜好品の飴に健康効果を期待しなくてもいい」、のかもしれません。

しかし、折々に口にする飴の量は「ちりも積もれば山」です。相当量の有害無益な飴を食べた場合と、相当量の有益無害な飴を食べた場合での結果はずいぶんちがってくるはずです。

有益無害な飴の見極めはどのようにしたらよいのでしょうか?

「信念=信頼の証」ではない


有益無害な飴探しをしていると、単なる宣伝以上に「熱意ある主張」と感じられる言葉に出合うことがあります。そこまで言うのならきっといい飴なのだろう、と思ってしまいがちです。

例1.
「自分の子供に安心して食べさせられるものを作ろう」、という思いから会社をおこした、とホームページに書いてありました。

その文言から、その製品は期待できそうに思いますが、残念ながら商品内容はそうではありませんでした。(トランス脂肪酸が使用されていました)

トランス脂肪酸は、血中コレステロールを上げ、活性酸素を増すことで心臓病やガンを引き起こす原因となる有害物質です。

トランス脂肪酸は実際は「植物油脂」「マーガリン」「ショートニング」「加工油脂」「硬化油」「ファットスプレッド」などの名前で記載されます。

例.2.
「これ以上はない最高の材料を使用し、時間をかけて作った○○。グラニュー糖を全く使用せず、○○と○○だけで作られた○○。○○と○○だけで生産するのはとても難しく、たいへんな手間がかかります。

普通、○○と言っても、○○以外の砂糖も使用されていて、純粋に○○と○○だけで作られた飴は、存在しておりません。私共は、○飴作り日本一を目指している会社だけに最高に贅沢な○飴の味を追求しました。

これ程、素材重視の○飴はありません。 原材料 黒糖(沖縄産100%)、水飴、香料、乳化剤」


本当に信念を持っているような言い回しですが、原材料が純良であるとは思えませんでした。

原材料をチェック


飴は、「香料」と「乳化剤」がなければ作れない、とばかりに、世の中は香料・乳化剤入りの飴で溢れています。

本当にいい飴は、天然・合成を問わず、不用意に香料を使わないものです。乳化剤はたとえ大豆レシチンであっても真に安心できるものとは言えません。遺伝子組み換えの可能性が大きいからです。

たとえ信念があっても、本当に信頼できる内容であるかを検証しなくてはいけません。まず原材料から見極めることが大事だと思います。

信頼に足る飴かどうかを見極めるためには、原材料を見て疑問や不明な点があればメールで問い合わせることも必要になります。

「たかが飴ごとき」でそこまでするのは大変ですが、いちど調べて有益無害な飴を把握しておき、その中から選ぶようにするなら、それ以降の食生活全体が改善されます。

飴探しの中でわかったこと


1.飴の大半がジャンクフードであること
2.惜しいものもあること
3.合格圏の飴はこれです

それでは順に説明していきます。

1.飴の大半がジャンク 食品としてNGな飴が氾濫している


精白糖(白砂糖の類)は人体に有害です。飴の大半はその精白糖で作られています。

(精白糖に限らず精製された食物は体からカルシウムビタミンBを奪ってしまう重大な欠陥食品です)

1日の精白糖の許容量というものがあります。成人で体重1キロ当たり1日0.5gと言われています。たとえば体重50キロの人の場合ですと、わずか25gです。

自分で精白糖自体を使わなくても、甘いものや清涼飲料水を避けていたとしてもそれくらいはすぐです。飲食物の中で、しらずしらず摂ってしまうような量です。

ケチャップ・ソース類、麺つゆ・ポン酢など、佃煮、各種つけもの、粕漬け・西京漬け、食パン、煎餅、などを通してあっという間にオーバーしてしまうでしょう。

そう考えると、飴1個で4~5gもの精白糖を摂ってしまうようなゆとりはありません。

その上、合成甘味料(アスパルテーム)、合成香料、乳化剤、加工油脂、マーガリンなどの有害物質のどれかが大半の飴には含まれています。

「どうしてこんなに」と思うほどジャンクな飴が溢れているのが現実であるとわかりました。

2.ときどき惜しいものもあること


・かなりいいと思いながら「原材料欄」を読んでいくと、最後に「香料」と「乳化剤」で終わる物。

・薬効高い成分が数多く入っていて、合成物質も入っていないけれども糖分が精白糖であること。

3.合格圏の飴はこれです


私がこれまでに見つけた合格圏の飴をご紹介します。

値段、形状、包装などがどうでもいいわけではありませんがここでは除外することにします。「有益無害」に的を絞り、判定基準を飴の「品質」の一点に絞らせていただきます。

万田酵素飴自然の恵み(万田酵素)
羅漢果のど飴(らかんか工房)
プロフィーラプロポリスキャンディ(H+Bライフサイエンス)
頭の飴(かしらのあめ)(ジムジョン)
オーサワのキャンディ各種(オーサワジャパン)
ツルシマのキャンディ


では、1つずつ説明していきます。

万田酵素飴自然の恵み


        万田酵素飴

原材料:砂糖(黒糖、和三盆)、水あめ、オリゴ糖、植物発酵物(黒糖、リンゴ、カキ、ミカン、その他)ビタミンC (原料の一部にクルミ、ゴマ、大豆、ネーブルオレンジ、バナナを含む)

3年3か月以上発酵させた50種類以上の植物酵素が含まれています。

飴をなめながら、熟成発酵させた「酵素」を補給できるのです。健康補助食品として、嗜好品にはこのようなものを摂りたいと思える筆頭です。ほのかな黒飴系のお味ですが調和のとれたおいしさです。

羅漢果のど飴


  羅漢果

自然草エキスの内容: 羅漢果、松の実、クマザサ、甘草、プアール茶、クコ、ゴカヒ、ヒキオコシ、シソヨウ、ベニバナ、ナツメ、クチナシ、ウラジロ、ナルコユリ、ハトムギ、ウーロン茶、ドクダミ、エビスグサ、ニッケイ、松の実、霊芝、ビワ、杜仲茶、サルノコシカケ、ウコン、ガジュツ、グァバ、ヤマノイモ、アマチャヅル、ハトムギ、クミスクチン、ギムネマ

食べる漢方薬ともいうべき飴であると製造販売元は言っています。食べると、まったくクセがなく、甘くてマイルドなお味がします。

「羅漢果」という乾燥果実のエキスを配合したのど飴です。羅漢果がもつ調和作用によって、本来なら苦くて刺激の強い自然草の30種類を中和した結果そうなっている、とのことです。

甘味料の中心は還元水あめで、飴として固めるのに必要最低限の砂糖としててんさい糖を2%だけ使っているとのことです。

プロフィーラプロポリスキャンディ


   プロポリス
原材料:還元麦芽糖水飴、プロポリス抽出物、香料

数あるプロポリスキャンディの中でこちらを選んだ理由は品質のちがいによるものです。

こちらはブラジル産の高品質のプロポリスだけを使っています。巣箱は抗生物質の使用禁止で管理がなされています。

還元麦芽糖水飴(マルチトール)は、シュガーレス甘味料のひとつで、カロリーは砂糖より低く、虫歯の原因になりにくいといった特徴があります。

メーカーに問い合わせたところ、「還元麦芽糖水飴」の原料である澱粉は遺伝子組換え作物は一切使用していないとのことで、「香料」は国産の「天然メントールフレーバー」を使用しているとのことです。

プロポリスは天然の抗生物質と言われるもののひとつです。プロポリスの味がまずくてがまんできない人もいるようですが、風邪引きのときにはベストなのど飴になると思います。

まだ食べていませんがこれは確実に注文します。プロポリスの味は10年くらい前に初めて食べた時にダメでしたが最近、喉スプレーで再挑戦したところ、慣れることができました。

それは、10年前より、私自身の健康志向が高まったせいかもしれません。どうせ食べるのなら健康に役立つものを、という考えが高まってくると味のクセが気にならなくなってきました。

オーサワのキャンディ

自然食品会社であるオーサワジャパンの飴です。もち米や玄米から作った水あめを原料にした純良な飴です。写真は代表して1枚だけを載せます。

以前に食べたことのあるのは「玄米キャンディ梅肉エキス」です。甘さ控えめなあっさりしたおいしさでした。

   オーサワキャンディ

オーサワジャパン 玄米キャンディ梅肉エキス
原材料:玄米、大麦麦芽(カナダ産)、梅肉エキス(国内産)

・オーサワジャパン 玄米キャンディバニラ
原材料:玄米、大麦麦芽(カナダ産)、バニラフレーバー(アメリカ産)

・オーサワジャパン 玄米キャンディ生姜
原材料:玄米、大麦麦芽(カナダ産)、生姜粉末(長崎産)

・オーサワの蓮根生姜飴
原材料:もち米飴、麦芽水飴、蓮根粉末(熊本産)、生姜粉末(国内産)、麦炒り粉

・オーサワの塩飴 (石垣の塩入り)
原材料:もち米飴・麦芽水飴(鹿児島産)、食塩(石垣の塩)

・オーサワの立科みそ飴 (切飴)
原材料:もち米飴・麦芽水飴(鹿児島産)、豆みそ、麦炒り粉

・オーサワジャパン 免疫飴(プロポリス配合)
原材料/もち米飴(国内産)、姫マツタケ(沖縄産)、プロポリス(ブラジル産)

頭の飴(かしらのあめ)


  頭の飴
原材料:大豆粉、黒胡麻粉、水飴、黒砂糖、オリゴ糖(遺伝子組換え原料不使用)

こちらは「飴」と名前がついていますが、ソフトタイプです。「ソフトタイプの飴」というよりも「きなこねじ」に近いように思います。お腹がすいているときにはむしゃむしゃ食べてしまいます。

大豆・黒胡麻を50%配合しています。嗜好品の域を超え、栄養補助食品としてありかなと思います。砂糖の害がないわけではありません。でもほかの甘いお菓子を食べるより有益かと思います。

まわりにグラニュー糖状の糖分がついている点について問い合わせたところ、それは「オリゴ糖」であるとの報告をいただきました。オリゴ糖は腸内環境を整える効果で知られています。

ツルシマのキャンディ

自然食品会社であるツルシマの製品です。2つありますが写真は代表して1枚だけを載せます

・ツルシマコーレンキャンディ 70g
    コーレン

国内産米(岡山県・広島県産)を使用した水飴を煮詰め、自社製品の蓮根粉末、生姜粉末を練り込んだ砂糖不使用のハードタイプキャンディーです。
原材料:米飴・蓮根粉末・生姜粉末・さつまいも澱粉

・ツルシマ香蓮飴(こうれんあめ)100g
コーレンキャンディと同様の材料で米切飴にしたものです。
原材料:米飴・蓮根粉末・生姜粉末・はったい粉

れんこんもしょうがも「のど」によいとされているものです。「のど飴」の表記がなくても、これらはのど飴の中ののど飴だと思います。


以上、「有益無害」的な飴をご紹介しましたが、いずれにしても食べ過ぎては有害な場合もありますのでご注意を。

糖分の過剰摂取がいかにカンタンに起きやすいかについてはこちらをお読みください。→ペットボトル飲料などの糖分に潜む危険性。夏には特に要注意。

お店で買えるのはどれか


ご紹介した中で、お店で買えるとしたら、自然食品店で運よく扱っていたら買えます。あとはネット販売になりそうです。いい飴が手軽に買えないのは残念です。

国産の飴の中からは、以上の飴が見つかりましたが、まだほかにも合格圏内の飴はきっとあると思います。見つかった時には追加したいと思います。

順番はランクと関係ありません。(ランク付けは難しいです)

風邪を引いたときの「のど飴」は相当量食べてしまいますから、有害物の大量摂取を避けるためにも、ご紹介した飴の中から選んでみてはいかがでしょうか。

飴の追加情報です

はっきり言いまして残念な面もあるのですが、有効成分がたっぷりの漢方系として捨てがたい飴です。シュガーレス、乳化剤なしです。→漢方系のど飴。「どうせ食べるなら体にいい飴」の追加情報。



風邪には「飴」は有効です。風邪を引いたときには思い出してこの記事を確認しにきてください。私自身もそうしています。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: 偶然たどり着きました

るまさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

> 喉を痛め易く、しかし虫歯になり易いので、なるべく自然由来の飴を探していました。

お気持ちよくわかります。飴は役に立つけれど弊害もあるので、いい飴がほしいですよね。


> インターネットと目の相性が悪い為、あまり長く探せないのでとても助かるので…
> 参考にさせていただきます、有難うございました。

下の記事がお役に立てるかもしれませんので、ぜひお読みになってくださいませ。私も以前は刺されたかのような目の傷みに苦しんでいましたが、今は大丈夫です。
  
  ↓↓

ブルーライト対策。パソコン使用による目の激痛はブルーライトが原因だった。
http://econalifestyle.blog.fc2.com/blog-entry-174.html

ホシウメコ | 2019.08.25 20:18 | URL


偶然たどり着きました

喉を痛め易く、しかし虫歯になり易いので、なるべく自然由来の飴を探していました。
インターネットと目の相性が悪い為、あまり長く探せないのでとても助かるので…
参考にさせていただきます、有難うございました。

るま | 2019.08.24 19:12 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示